日々の積み上げブログ

プログラミングを習得したい

ローカルで新規プロジェクトを立ち上げてから、GitHubのリモートリポジトリに結びつけるまでの一連の手順

1. ローカルでプロジェクトを立ち上げたら、まずローカルで空のcommitを実行します。

Gitは、初回のコミット後に新しくブランチを作成できるようになります。そのためまずは、空のコミットを実行してGitの機能を使えるようにしていく必要があります。

① 空のコミットを実行

GitHubへアップロードしたいプロジェクトディレクトリへ移動してから、Gitの初期化を行います。git init後、作業ディレクトリでgitが使えるようになります。

# Gitの初期化
$ git init

# 空のcommitを実行(--allow-emptyオプションを付けると空のコミットが実行できます。)
$ git commit --allow-empty -m "ファーストコミット名"

⇒ 実行後、新しいブランチ(master)が作成されています。

② リモートリポジトリの登録

git remote add origin リモートリポジトリの場所」で、現在のローカルリポジトリに指定したリモートリポジトリを登録します。

# 新しいリモートリポジトリをローカルと結びつける
$ git remote add origin https://github.comユーザー名/リポジトリ名
#=> 現在のローカルリポジトリに、「origin」という名前で、https://github……という場所《URL》をリモートリポジトリとして追加する

2. ローカルで実行した空のコミットをローカルリポジトリにプッシュしていきます。

①ローカルのmasterブランチからリモートのmasterブランチへPush

$ git push -u origin master

⇒ 実行後、作業に入る前に新しくブランチを切ってから作業をしていきます。

3. gitを使用したブランチ作成からpushまでの簡単な流れ

ここからは、いつも通りの作業になります。作業ごとにブランチを分けてプッシュ、マージ後プルをしていきます。

① 作業を開始前に新しくブランチを切ります。

# 今いるブランチを確認(-aオプションをつけることでリモートブランチも見れます)
$ git branch -a
または
$ git branch

# 新しくブランチを作成
$ git branch ブランチ名

# 作成したブランチに移動
$ git checkout 作成したブランチ名
または、
# ブランチ作成と移動を同時に行う
$ git checkout -b ブランチ名

ファイルを編集後、コミットを実施する

# ファイルの編集状態確認(変更差分のあるファイルのみが出力されます)
$ git status

# 変更差分のあるファイル全てをコミット対象に追加(ファイルを個別に追加することもできます。)
$ git add .

# コミット対象に追加したファイルをコミットメッセージ付きでコミット
$ git commit -m "コミットコメント"

# コミット履歴を表示(--all --oneline --graphオプションを付けると見やすくなる)
$ git log --all --oneline --graph

③ ローカルブランチでコミットしたファイルをリモートのブランチにプッシュする

-uオプションは、ローカル側の現在いるブランチに紐づくリモート側のブランチを作成&登録します。–set-upstreamと同じ意味です。

オプションを付けて実行すると、今後リモートのブランチ名を指定せずにgit pushコマンドのみでgit push origin ブランチ名と同じ実行ができるようになります。

# リモートリポジトリに指定した名前でブランチを作成し、そのブランチにプッシュを実施する
$ git push -u origin ブランチ名
または、(HEADを付けるとブランチ名を書く必要がなくなります)
$ git push origin HEAD

④ リモートリポジトリ側でpushしたコミットをmasterブランチにマージします。

特に問題がなければ、masterブランチにマージを行いましょう。 これでリモートのmasterブランチに最新のファイルが読み込まれました。

マージ後に、リモートの作業ブランチを削除するようにしましょう。

⑤ ローカル側のmasterブランチにリモート側のmasterブランチの内容をpullします。

# ローカルで作業ブランチからmasterブランチに移動
$ git checkout master

# リモートのmasterブランチからマージしたファイルを取得する
$ git pull origin master

参考

【GitHub】GitHubで新規リポジトリを作成後、最初のコミットは空で行いましょう。 - 文系Webエンジニアの技術メモとたまに旅のメモ

gitを使用したブランチ作成からpushまでの簡単な流れ - Qiita

gitを使用したブランチ作成からpushまでの簡単な流れ - Qiita

【 git remote 】コマンド(基礎編)――リモートリポジトリを追加、削除する